LGBTをテーマとした日本のドラマをご紹介します。

LGBTと向き合う少女

3B組 金八先生 第6シリーズ』(2001年~2002年)

1979年より32年間断続的に放送されるあまりにも有名な学園ドラマ。

6シリーズでは、トランスジェンダーの一つである「性同一性障害」に悩む女子中学生の等身大の姿が描かれています。

3B組に転校生としてやってきた、性同一性障害の鶴本直を熱演する上戸彩さんが印象的でした。

女の子として生まれながらも、心は男の子である鶴本直が、様々な問題や葛藤を抱えながら多感な中学生活を乗り越え、中学卒業するまでの物語です。

性別に振り回される高校生。

IS~男でも女でもない性』 (2011年)

医学的に男女の判別が難しいインター・セクシャル(IS:アイエス)をテーマに描いたドラマ。

中学までは男子として過ごしてきた主人公、星野春。手術により女性の身体になったものの、成長とともに心は男になっていく。

ワケありの女生徒として過ごす春の高校生活。

性別に振り回される主人公が一つの覚悟を決めて歩み出す姿がすがすがしさを感じさせます。

秘密を抱えた男性。

『イノセント・ラヴ』 (2008年)

主人公秋山佳音が、唯一の肉親である兄が両親の殺害容疑で少年刑務所に入れられたことで、殺人犯の妹として様々な困難に直面しつつも一途に一人の男性を愛し抜く純愛ドラマです。

主人公が愛する男性の親友がジュエリーデザイナーの瀬川昴。同性愛者である事を胸に秘めて、親友へ思いを寄せる切なくて複雑な心模様が描かれている作品。