なんだかよくわからないニュースです。

政治家って・・・大人って・・・って感じ。

2017年の韓国大統領選への立候補を目指している潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長が、

キリスト教指導者たちと面会して性的少数者(LGBT)の人権について意見を述べました。

ご存じのとおりキリスト教はLGBTやセクシャルマイノリティを認めていません。

プロテスタントで政治的にはそれぞれ保守系、リベラル系を代表する3つのキリスト教団体を訪問し、宗教界の支持を訴えました。

「国連憲章や万国人権宣言を見れば、宗教、人種、性別、年齢、職業、貴賎を問わず、すべての人は平等の権利を有する」「少数性を持つ人が世の中にはかなりおり、人間として差別しろなどと言ってはだめだ」

「私が強調したいのは、差別してはならない。政治、経済、社会的な地位で差別してはならないと主張したのであり、そのようなレベルで会合にも行った」

「それはLGBTをそうしろというのではない。人間として当然に享受すべき権利を享受すべきだということだ」

わかりにくいですね。

「潘氏の正確な発言内容は「私がLGBTを支持するということではなく、彼らの人権、人格が差別されてはいけないという意味であり、差別を受けないよう、様々な政策について支持したものである。私が積極的に『あなたたちもそうしなさい』という行為を推奨するものではない」と明らかにした。」とプレスリリースにあります。

国連事務総長時代には

「今日、私はあなたたちを支持します。そしてすべての国と人々に、ともに立ち上がることを呼びかけます。」

レズビアン、ゲイ、両性愛者、トランスジェンダーに訴えていた。

あの積極性はどこにいったのでしょうか。